安倍元首相が寄稿 米国の台湾政策は「戦略的にあいまい」

© AP Photo / Koji Sasahara安倍晋三元首相
安倍晋三元首相 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
安倍晋三元首相は、ウクライナへの自国軍の投入は行わない表明した米国が「台湾に対して戦略的あいまいさを維持」しているとし、台湾有事の際に米国は軍事的介入の意思を明確にしなければならないと主張した。 韓国のハンギョレ新聞が報じた。
ハンギョレ新聞によれば、安倍元首相のこの寄稿を19日付けの仏ルモンド紙、13日付けの米ロサンゼルス・タイムズ紙が掲載している。
台湾と中国 - Sputnik 日本, 1920, 11.04.2022
「台湾は中国領土の不可分の一部」中国政府、米国に対し、「ウクライナ式」制裁を発動しないよう警告
安倍元首相は、ウクライナとロシアの関係を中国と台湾に投影し、中国がウクライナ情勢の進展を注視し、「いつどのような条件で台湾を自国のものにできるかを考えている」と言及している。安倍氏は、米国はウクライナに自国軍を投入しないと表明し、台湾に対しても「戦略的あいまいさを維持」しているが中国の軍事力が伸長した今、時代にはあっておらず、「台湾に対する米国の戦略的あいまい政策は終わらせるべきだ」と論じた。
関連ニュース
台湾海峡情勢、3~5年後に悪化の可能性=専門家
中国の侵攻に備える台湾市民
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала