ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

宇マリウポリのアゾフスタリ製鉄所から合計140人以上を救出=ドネツク人民共和国

© Sputnik / Ilya Pitalev / フォトバンクに移行アゾフスタリ製鉄所
アゾフスタリ製鉄所 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
ドネツク人民共和国の国民警察、およびロシア国防軍はウクライナ東部の要衝マリウポリで兵士らが籠城を続けるアゾフスタリ製鉄所の敷地に人道回廊を設置し、これまでに140人以上を救出した。ドネツク人民共和国の国民警察が発表した。
ドネツク人民共和国とロシア国防軍はアゾフスタリ製鉄所の施設に3個所の人道回廊を設置し、児童を含む民間人、及びウクライナ保安庁職員らをあわせて140人以上、救出した。ロシア側の情報によると、アゾフスタリ製鉄所で籠城するアゾフ大隊は民間人を拘束し、「人間の盾」として利用しているという。
ジョー・バイデン大統領 - Sputnik 日本, 1920, 20.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
ウクライナに行くか分からない=バイデン氏
ロシア側は現地時間で19日の14時から(日本時間20時)停戦体制を遵守し、人道回廊を実施したものの、この日は誰も使用しなかった。ロシア側はラジオ・チャンネルを使用し、ウクライナ側に投降するよう30分おきに呼びかけている。
ロシア軍が傍受した通信によると、アゾフスタリ製鉄所で籠城するウクライナ兵と外国人傭兵部隊は投降を希望しているものの、中央政府の許可がないという。許可なく投降した場合、兵士らは軍法会議にかけられ、最悪の場合は処刑されるとロシア国防省は評価している。
ロシア側は20日も現地時間の14時から人道回廊を実施する。ロシア側は投降する兵士らに安全を保証すると強調している。
関連ニュース
NATOはウクライナの軍事作戦に参加しない=独首相
投降した英国人 ウクライナ政府が兵士を見放したと非難
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала