テスラ、2024年に完全自動運転の車を実現へ

© Depositphotos / Scharfsinn自動運転車(イメージ)
自動運転車(イメージ) - Sputnik 日本, 1920, 23.04.2022
米電気自動車大手「テスラ」は、完全自動運転の電気自動車の量産を2024年にも開始することを表明した。米IT情報誌「PC Mag」が同社のイーロン・マスクCEOの発言を引用し、伝えている。
PC Magの報道によると、新しい電気自動車は既存のテスラ車とは大きく異なっている。一番の違いは制御が「完全に自動化」されている点で、このために車内にはハンドルやアクセル、ブレーキペダルなども存在しない。マスク氏は、この車両を無人タクシーに利用することによって、乗車料金がドライバー不在の分だけ公共交通機関よりも安価になるようにすると意向を語っている。
マスク氏は次のように述べている。

我々の予測によると、無人タクシーの乗車料金はバスや地下鉄よりも安くなる。

テスラ - Sputnik 日本, 1920, 22.04.2022
豪州 テスラ車で太陽光発電 ロイター
同氏によると、無人タクシーの初期モデルは2022年中にも完成し、翌23年にはすでにプレゼンテーションも予定されているという。
関連ニュース
イーロン・マスク氏 ロボットはEVより商業的に成功する
テスラ上海工場、「クローズドループ」方式で生産再開 従業員は工場に寝泊まり
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала