新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

歩く速度と生物学的年齢には関係がある

© Sputnik / Vladimir Baranov / フォトバンクに移行ウォーキング
ウォーキング - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
英国の研究者らが行った実験では、普段から歩くスピードが早い人は、ゆっくり歩くのに慣れている人に比べて、生物学的年齢が16歳低いことが分かった。雑誌、コミュニケーションズ・バイオロジーで研究の結果が発表された。
この研究を発表したのはレスター大学(英国)の研究者チームで、実験では英国のバイオバンクに保管されている40万5,981人のデータが分析された。被験者の平均年齢は56.5歳で、歩く速度については、そのほぼ半数(52.3%)が、普通と答え、6.6%が遅い、41.1%が早いと答えた。この3グループの被験者らの遺伝子情報を分析したところ、歩く速度はテロメア(真核生物の染色体の末端部にある構造)の長さと直接、関係があることが分かった。早いスピードで歩き、日常の行動を素早く行う人は、テロメアがより長いことが判明した。
毎日の習慣が長寿のカギ:寿命を延ばす3つのファクター - Sputnik 日本, 1920, 21.11.2021
IT・科学
毎日の習慣が長寿のカギ:寿命を延ばす3つのファクター
研究者らは、テロメアの主要な役割は、染色体の末端部を、人間の体が老化するときに避けることのできない損傷、劣化、炎症から守ることであると前置きした上で、テロメアが長ければ長いほど、生物学的老化もゆっくり進むと述べている。この実験の過程で、英国の研究者チームらの計算によれば、歩く速度が早い人と遅い人の間の生物学的年齢の差は16歳にもなるという。
オウムの寿命が長い理由については、「スプートニク」の過去の記事よりお読みいただけます。
関連ニュース
米研究チーム 子どもの記憶に砂糖が与える悪影響
永遠の命:神話か現実か 研究チームが人間の寿命の限界を計算
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала