ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

英国政府はゼレンスキー大統領をロシアとの和平から遠ざけた=ガーディアン紙

© AP Photo / Ukrainian Presidential Press Officeボリス・ジョンソン首相
ボリス・ジョンソン首相 - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2022
英国のガーディアン紙のコラムニストであるサイモン・ジェンキンス氏は、ボリス・ジョンソン首相とリズ・トラス外相は、危機を平和的に解決するあらゆる機会をウクライナから奪おうとしたと語った。
同氏によれば、英国の指導者らは、自国の利益のためだけにこの危険で無謀な一歩を踏み出したという。
「ボリス・ジョンソン首相は、キーウ(キエフ)を突然訪問する前に、ロシアとの関係で如何なる譲歩もするなという指示を、ゼレンスキー大統領に伝えている」
また、同氏は、慎重な判断と結果への理解を必要とする複雑な外交状況において、トラス外相はセンセーショナルで「低級」な発言を行ったと批判した。
英国のトラス外相 - Sputnik 日本, 1920, 28.04.2022
NATOはグローバルな問題を解決しなければならない=英外相
ジェンキンス氏は、「彼ら(ジョンソン首相とトラス外相)は、ロシアを完全に打ち負かすまで戦い続けることを望んでいる。彼らは、他人の手で行われている戦争で勝利を勝ち取り、祝う必要がある。同時に、彼らに反対する者はすべて、意気地なしや臆病者、プーチン大統領の擁護者と侮蔑的に呼ばれ、排除される。英国がこの紛争を、将来の薄汚い指導者争いのために利用していることに嫌悪感を覚える」と強調した。
関連ニュース
英国のジョンソン首相、プーチン大統領をワニと比較
英国 ウクライナで露軍に拘束の自国傭兵の捕虜交換を拒否
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала