ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

「毎日、見解を変える」  ペスコフ報道官、ロシア・ウクライナ交渉の結果を疑問視

© Sputnik / Sergey Guneev / フォトバンクに移行ドミートリィ・ペスコフ大統領報道官
ドミートリィ・ペスコフ大統領報道官 - Sputnik 日本, 1920, 04.05.2022
ロシアとの交渉で成果があったという確信を持つことが出来ずにいるが、それはウクライナ側の姿勢に一貫性が見られないためだ。4日、ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官が記者らに語った。
ウクライナとロシアの交渉の時期は終わったという在英ウクライナ大使のヴァディム・プリステイコ氏の発言についてコメントし、ペスコフ報道官は次のように述べた。
「一貫性のない見解にどう対応すればいいのか? 否定的でしかない。この交渉過程からは、何らかの形で成功裏に終了する可能性があるという確信は生まれない」
グテーレス国連事務総長とゼレンスキー・ウクライナ大統領との共同記者会見 - Sputnik 日本, 1920, 29.04.2022
ウクライナをめぐる情勢
「私に何を言わせたいんだ?」:国連事務総長、ウクライナ訪問
ペスコフ報道官は、「彼らは毎日、自らの見解を変える」と強調し、ロシア側はそのような表明を記録していると述べた。
同報道官によれば、ロシアとウクライナの間の交渉過程には、大きな進展は見られないという。
また、ペスコフ報道官は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領とローマ教皇フランシスコの会談に関する合意はないと述べた。この間、同教皇はモスクワを訪問する可能性について示唆していた。
関連ニュース
ウクライナ西部のポーランドへの「編入」が始まる=ウクライナ最高議会の元議員
ウクライナ危機は歴史の転換点=米大統領
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала