ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

国連安保理、ウクライナ情勢で初の議長声明採択

© Sputnik / Dmitry Astakhov / フォトバンクに移行国連安全保障理事会(アーカイブ写真)
国連安全保障理事会(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 07.05.2022
国連安保理は6日(日本時間7日未明)、ウクライナ情勢に関する議長声明をロシアを含む全会一致で採択した。議長声明の採択は、2月24日の露軍の特殊軍事作戦開始以降初めてとなる。
声明では「安保理はウクライナの平和と安全保障の維持に深い懸念を表明し、全加盟国が国連憲章に基づいて平和的な手段で国際紛争を解決する責務を負うことを今一度念押しする」と表明。また、声明では安保理がグテーレス国連事務総長のウクライナ危機の解決に向けた働きかけを支持するとしている。
中国の張軍・国連大使 - Sputnik 日本, 1920, 06.05.2022
ウクライナをめぐる情勢
中国国連大使、「NATOが戦争を開始した」と非難
議長声明は国連安保理の公式見解で、採択には理事国の全会一致が条件となる。声明は議長名で発行され、決議とは違い、法的拘束力はない。5月の安保理議長国は米国で、声明の共同執筆者はメキシコとノルウェーだった。
関連ユース
米国 国連情報委員会大会へのロシアの参加を妨害
NATOを待っているのは世界征服かそれとも破滅か? 同盟国間で合意に達せず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала