北朝鮮が飛翔体発射、弾道ミサイルか 今年14回目

© AP Photo / Lee Jin-man過去の北朝鮮によるミサイル発射実験
過去の北朝鮮によるミサイル発射実験 - Sputnik 日本, 1920, 07.05.2022
7日、日本の防衛省は北朝鮮から弾道ミサイルの可能性があるものが発射されたと発表した。弾道ミサイルとみられるものは日本海の日本の排他的経済水域(EEZ)外にすでに落下した。日本の各メディアが伝えている。
飛翔体は潜水艦発射型弾道ミサイルの可能性があり、射程600キロ、最高高度は50キロとみられている。
また、NHKなどによると、韓国軍も7日、北朝鮮が未確認の飛翔体を東岸沖に向けて発射したと発表した。
北朝鮮はこの頃弾道ミサイルの発射実験を加速させており、今回の飛翔体の発射は今年に入って14回目。直近では5月4日にも弾道ミサイルの発射実験を行っていた。北朝鮮北東部の豊渓里(プンゲリ)核実験場では新たな核実験が5月にも行われると観測されており、日本を含む周辺国は警戒を強めている。
関連ニュース
北朝鮮が地下核実験を再開か 今月中に準備が整う可能性 CNN
北朝鮮に対する制裁による圧力の時期は終わった=ロシア外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала