新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

高齢者の聴力回復に役立つ遺伝子 研究者らが発見

耳 - Sputnik 日本, 1920, 09.05.2022
耳の有毛細胞を作り出すことができる遺伝子を、米ノースウェスタン大学の研究者らが発見した。この遺伝子は、高齢者の聴力の回復に役立つという。この研究をまとめた論文が、科学誌「ネイチャー」に掲載されている。
加齢や騒音などで起こる聴力は低下する。聴力低下は聴覚を司る蝸牛(かぎゅう)の外側に並んでいる外有毛細胞の死滅が原因の一つであり、これまでこの細胞を再び成長させて聴力を回復させることはできなかった。
すでに人工有毛細胞は開発されてきたが、これを内有毛細胞と外有毛細胞に分化することはできなかった。しかし、同大学のガルシア・アノヴェロス教授は、蝸牛の有毛細胞の分化をプログラムする遺伝子が、TBX2であることを突きとめた
ウォーキング - Sputnik 日本, 1920, 25.04.2022
IT・科学
歩く速度と生物学的年齢には関係がある
アノヴェロス氏によると、この遺伝子が発現すると内有毛細胞になり、ブロックされると外有毛細胞に分化するという。
同氏は、「内有毛細胞と外有毛細胞の分化を正確に把握し、なぜ外有毛細胞が死滅しやすく難聴を引き起こすのかを突き止めることができるようになった」と語った上で、この研究はまだ実験段階であると強調した。
米国では、55歳から64歳の成人の約8.5%が難聴であると言われている。疾病予防管理センターによると、難聴は65歳から74歳の人の間でほぼ25%、75歳以上だと最大で50%を占める。
関連ニュース
ヒトゲノムの配列、初めて完全に解読される
パーキンソン病から守る遺伝子を発見 スイスの研究チーム
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала