米軍、アラスカに極寒下の作戦部隊を配置へ

アラスカで演習する米軍兵士 - Sputnik 日本, 1920, 13.05.2022
米アラスカ州で軍の刷新を進める米軍が、極寒下での任務に対応した部隊の配置を検討していることが明らかになった。低温の気象条件での紛争に対応するため。ウォーマス米陸軍長官の情報をもとにAP通信が伝えている。
AP通信の報道によると、ウォーマス陸軍長官は「現在、アラスカでの米陸軍の目標は、極寒の気候条件下で任務を遂行できる部隊の創設だ」と表明。部隊は北極圏のほか、欧州やインド太平洋地域での活用が見込まれるという。
ウォーマス陸軍長官は、北極圏での活動の能力を高めるためアラスカ駐留部隊の機動化などを近く正式決定するとしている。
米軍オスプレイ - Sputnik 日本, 1920, 11.05.2022
沖縄の本土復帰50年
本土復帰50年を迎える沖縄 一方で米軍や兵士による事故も
一方、今回の米軍の刷新は、ウクライナ情勢の悪化により露米関係に緊張が高まる以前から計画されていたものだとしている。
関連ニュース
米原子力空母・自衛隊 日本海で共同演習 北朝鮮けん制
米国、F-35とF-15戦闘機をクレタ島に配備するようギリシャに要請
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала