Окинава в 1972 году - Sputnik 日本, 1920
沖縄の本土復帰50年
2022年5月15日、沖縄県は日本の支配下に戻ってちょうど50年になる。沖縄は長い歴史の中で、国際政治の流れに伴い、何度も急激な変化を経験してきた。1945年4月から6月まで続いた沖縄戦では、日本軍9万5000人、米軍1万2510人が犠牲となった。その後、沖縄は米軍に占領された。第二次世界大戦の結果、沖縄は米国の支配下となり、1972年まで米政権下に置かれていた。沖縄は1972年に日本に返還されたが、その後も沖縄は東アジアにおける米軍の重要な拠点となっている。現在、日本の米軍施設の74%が沖縄に集中し、沖縄の5分の1を占めている。

沖縄選出初の閣僚、故上原康助氏、沖縄独立論の草稿書き残していた

沖縄 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
日本のマスコミは今月、日本の沖縄県選出の国会議員で初の閣僚を務めた故上原康助氏が、沖縄独立論の草稿を書き残していたことが分かったと報じた。
上原氏は1932年に沖縄県で生まれた。1970年に社会党から出馬し衆議院議員に初当選、国土庁、沖縄開発庁、北海道開発庁の長官などを歴任。2017年8月、呼吸不全のため沖縄県の病院で死去した。
共同通信によると、「沖縄独立の志」(仮題)と題する草稿は1997~98年に書かれたもので、9割程度が完成していた。上原氏は草稿の中で「日本政府や日本国民が納得する独立には一国二制度を選択するのが最も現実的だろう」との見解を表明している。
米軍普天間飛行場(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 15.05.2022
沖縄の本土復帰50年
沖縄返還から50年 敗けて大盤振る舞い
関連ニュース
沖縄本土復帰50年 岸田首相「基地負担軽減に全力」
沖縄本土復帰50年、日本人が何かおかしいと感じる記念日
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала