ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

在独ウクライナ大使、NATO加盟の時期について言及

© AP Photo / Virginia MayoПод знаменами НАТО у штаб-квартире НАТО в Брюсселе, Бельгия
Под знаменами НАТО у штаб-квартире НАТО в Брюсселе, Бельгия - Sputnik 日本, 1920, 21.05.2022
在独ウクライナ大使のアンドリーイ・メーリヌィク氏は、NATOを「唯一の安全保障のアンカー」と呼び、ウクライナは紛争の最中ではなく、直後に同盟のメンバーになる可能性があると述べた。
同大使によれば、NATOは「欧州および世界中で唯一の安全保障のアンカーであり続けている」という。
同大使は、ドイツのメディアグループ「RedaktionsNetzwerk Deutschland(RND)」のインタビューで、「そのため、この拡大プロセスが継続し、ウクライナもこの同盟に加盟することは論理的といえる。そして、こうしたことは、一部の人が思っているよりも早く進行する可能性があると思う。戦争の真っ只中である今ではなく、おそらく直後だ」と語った。
NATO - Sputnik 日本, 1920, 19.05.2022
スウェーデンとフィンランドのNATO加盟が欧州の安全を脅かす=ドイツ紙
また、メーリヌィク大使は、フィンランドとスウェーデンのNATOへの加盟はウクライナにとって朗報であると述べた。
「私たちは、早急にNATOの加盟国となるチャンスが高まることを願っている」
ヴォロディミル・ゼレンスキー大統領は以前、ウクライナがNATOに加盟しないことを認める時が来たと述べている。ロシアとの協議では、ウクライナの中立的立場について議論がされている。
関連ニュース
ショルツ首相とゼレンスキー大統領 平和的解決はロシア軍の撤退によってのみ可能
ロシアとウクライナ両政府間の交渉は「いかなる形態」でも行われない=ロシア外務省
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала