NATOはトルコに脅威、同盟の拡大は危険=トルコ野党事務局長

© AP Photo / Vadim GhirdaВоеннослужащий с флагом НАТО
Военнослужащий с флагом НАТО - Sputnik 日本, 1920, 22.05.2022
北大西洋条約機構(NATO)はトルコに脅威をもたらしており、NATOが如何なる方向へ拡大しても、これはトルコにとっては危険である。中道右派、祖国党のドグ・ペリンチェク事務総長がリアノーボスチ通信の取材に応じた中で発言した。
事務総長によると、トルコで2016年にクーデターが企てられて以降、トルコ軍内ではおよそ2万5000人の将校が解雇された。これらの将校はNATOと繋がりがあり、NATOの秘密工作「グラディオ作戦」に関係していたという。そのうち数百人が将軍で、一部は国内の刑務所に投獄された。その上で、事務総長は「NATOの脅威がトルコに迫っている、これが現実だ」と発言した。
ジョー・バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 20.05.2022
NATO拡大を巡るトルコの懸念、バイデン大統領に考慮する予定はない=ホワイトハウス
事務総長によると、米国とイスラエルはトルコに脅威をもたらすであろう「クルディスタン」の建国を地中海で目指しているという。

「トルコ周辺に設置された米軍基地をごらんなさい。そこでは米国の戦車に戦闘機が密集している。NATOはパトロンである米軍を利用し、脅威をもたらしている。NATOが東方へ拡大しようと、西方へ拡大しようと、如何なる方向へ拡大しようと、ロシアに加え、トルコにとっても脅威である。トルコと上海協力機構の連携は実に正しく普遍的な一歩である。NATOはトルコにとって危険で、反目をもたらしている」

これまでトルコ側に仕向けられた圧力の背後では必ずNATOと米国が暗躍していたとペリンチェク事務総長は指摘している。
関連ニュース
フィンランドとスウェーデンがNATO加盟を正式決定 知っておくべきこととは?
フィンランドとスウェーデンのNATO加盟:エルドアン大統領が「待った」をかけた理由
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала