ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

西側が独裁的立場をとる中、露中の結びつきはさらに加速=露ラブロフ外相

© Press service by Ministry of Foreign Affairs RF / フォトバンクに移行露ラブロフロ外相
露ラブロフロ外相 - Sputnik 日本, 1920, 24.05.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、西側諸国が独裁者な立場を取っている今、ロシアと中国との経済的関係はさらに急速に発展するとの見解を述べた。
ラブロフ氏は、次のように語った。

「経済的な面では、お互いにメリットがある。西側諸国が独裁者な立場を取っている今、中国との経済的な結びつきはさらに強まるだろう。これは、国家予算への直接的な収入に加え、極東・東シベリアの強化計画を実現する機会となる」

露ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 24.05.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
西側からの関係再開に向けた提案について 「ロシアは必要かどうか真剣に検討する」=ラブロフ外相
また、ラブロフ氏は、ロシアはさらなる発展のためにユーラシア地域の同盟国に頼るべきだと述べ、これが正しい道であるとの確信を表明した。

「今、世界の発展の中心はユーラシアに移っている。現在、我々にはユーラシア地域において最も広範なパートナー・ネットワークがある。我が国のさらなる発展、交通、輸送、物流能力において、彼らに頼る必要がある。私はこれが正しい道だと確信している」

ラブロフ氏によれば、大雑把に言うと、マクドナルドのロシア復帰を期待することは、「また何もしないで座って、スペアパーツや何らかの部品、半導体を供給してくれるのを待つこと」を意味する。ラブロフ氏は「いや、西側諸国は、初めてではないが、交渉能力の無さを証明したのだ」と結論づけた。
関連ニュース
米国「大国間の紛争リスクは高まっている」
米国がロシアに新たな冷戦を宣言=ナショナル・インタレスト誌
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала