日本 ロシア食料品店の看板破壊で米国籍の男を逮捕

© Sputnik / Denis Korzhovロシア食品専門店「赤の広場」
ロシア食品専門店「赤の広場」 - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
日本の東京では、ロシア食料品店の看板を壊した疑いで米国籍の男(53)が逮捕されたことがわかった。時事通信が報じている。
男は2月28日、東京・銀座にあるロシア食料品店「赤の広場」の立て看板を壊した疑い。防犯カメラの映像から男が浮上し、24日に逮捕された。
「赤の広場」のオーナーのミヤベ・ヴィクトリアさんは、ロシアメディアの取材に対し、以下のように語っている。

「男が看板を壊したことについて、日本人の皆さんが謝りに来てくれました。新しい看板を2つ作ってくださり、3つめの看板の費用を送金してくれました。お客さまのおかげで、私たちは今、真の力をもらい、支援を受けています。お客さまのことを誇りに思っています」

FNNプライムオンラインによると、同店に脅迫メールを送った疑いで18日、20代の女が書類送検されていたことが分かった。女には「包丁を持って職員をメッタ刺しにする」という内容のメールを店に送った疑いがもたれている。
日本語: JR恵比寿駅の改札口(東口) - Sputnik 日本, 1920, 14.04.2022
東京・恵比寿駅 ロシア語の案内板を非表示に
関連記事
モスクワでなく、東京で!銀座にロシア食品専門店「赤の広場」がオープン
東京・銀座のロシア専門店「赤の広場」に嫌がらせ、オーナーはウクライナ人
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала