日本 首都直下地震の被害想定を発表

© Sputnik / Владимир Песня / フォトバンクに移行東京
東京 - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
日本の東京都は25日、首都直下地震が起きた場合、約6100人の死者が出るとの被害想定を発表した。読売新聞が伝えている。
東京都防災会議地震部会によると、都心南部を震源とするマグニチュード(M)7.3の地震が起きた場合、死者は約6100人、負傷者は約9万3400人に上る。また、帰宅困難者の数は453万人、避難者数は最大で約299万人になるという。
東京都が想定を発表したのは2012年以来。専門家らが前回発表した東京湾北部地震の想定について、住宅の耐震化、不燃化などを考慮して見直しを行ったところ、想定の死者数は前回より3400人、負傷者数は約5万4200人減少した。
地震計(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 24.04.2022
IT・科学
人類史上最大の地震の痕跡見つかる
日本経済新聞によると、死者数や建物全壊件数は前回の想定より減少するが、増加するものもある。専門家らは今回、エレベーターの停止件数は前回の想定の7473台から2万2426台へと大幅に増えると予想。また地震が夏に発生した場合、クーラーが停止して体調が悪化するケースが起きると指摘している。
関連ニュース
気象庁、長野・岐阜県境にある焼岳の噴火警戒レベルを引き上げ
火星で火山性地震が繰り返し起きている 中国と豪大学の研究者らが確認
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала