米国はウクライナの経験から学び、台湾の防衛を強化=ニューヨーク・タイムズ紙

台湾・中国旗 - Sputnik 日本, 1920, 26.05.2022
米国のジョー・バイデン政権は、台湾の防衛システム再構築への取り組みを強化した。ウクライナへの武器供与で教訓を得たものとみられている。米紙「ニューヨーク・タイムズ」が、米政権の現職・元職員の話を引用して報じている。
同紙によると、米政権は「中国軍による攻撃を撃退するため」この地域での軍事的プレゼンスを高めることを計画している。米国は、ウクライナへの武器供与から教訓を学んでいるという。
「その目的とは、台湾を米国の支援を受けて武装させることであり、これを攻撃することは強い痛みを伴うことになる」
台湾は以前から中国を攻撃できるミサイルを保有している。しかし、台湾が最近獲得した米国製の兵器、すなわち移動式ミサイルプラットフォーム、F16戦闘機、対艦ミサイルは、侵攻を撃退するのに最も適したものとなっている。
Встреча лидеров-участников Quad в Токио - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
日米豪印4カ国の枠組み「クアッド」 東京での首脳会合の総括
一部の軍事アナリストは、台湾が後に機雷や戦闘用ドローンを購入する可能性があると指摘している。ニューヨーク・タイムズの記事では、米国政府はウクライナの場合と同様に軍隊の派遣を控えたとしても、兵器の殺傷力を高めるための情報を提供する可能性があると述べられている。
関連ニュース
米国、台湾に累計8兆円規模の軍事協力 中国が批判
バイデン大統領の台湾防衛発言 「最高の失言」=自民党の佐藤正久氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала