山口県阿武町誤送金 役場に苦情の電話殺到

CC BY-SA 4.0 / Puchi-masashi / 国道191号 阿武町 (cropped photo)山口県阿武町付近の国道191号
山口県阿武町付近の国道191号 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2022
日本の山口県阿武町がコロナ給付金4630万円を誤って振り込んだ問題で、町は9割にあたるおよそ4300万円を法的に確保したと発表したが、役場には連日苦情が殺到し、電話が鳴りやまない状態だという。日本のマスコミが報じた。
テレ朝newsが阿武町の町議の話として伝えたところによると、役場には苦情の電話が殺到し、業務に支障が出ている。松田穣町議は「1回で、長い時は2時間、話を聞くこともあると聞いていて。いつだったか、一日30本ぐらいと耳にしたことがあります」と語っている。
山口県阿武町付近の入江 - Sputnik 日本, 1920, 24.05.2022
山口県阿武町誤送金問題 約4300万円を法的に確保
この事件では、町から振り込まれた4630万円の給付金の一部を別の口座に振り替えたとして、電子計算機使用詐欺容疑で町内に住む田口翔容疑者(24)が逮捕された。
近所の人によると、田口容疑者の母親は、号泣しながら「自分が借金を返していかなくてはいけない」と話していたという。
山口県警本部が入居する庁舎 - Sputnik 日本, 1920, 18.05.2022
山口県阿武町の4360万円誤送金、詐欺容疑で男を逮捕
関連ニュース
山口県4630万円誤振込問題 決済代行業者から3500万円余り返還
山口・阿武の4630万円誤送金 男性が警察の任意聴取に応じる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала