新テクノロジー - Sputnik 日本, 1920, 19.10.2021
IT・科学
SNSから最先端テクノロジーまで

NASAの研究者ら 火星のプレイリストを作成

火星 - Sputnik 日本, 1920, 28.05.2022
2021年2月に火星に着陸した探査機「パーサヴィアランス」は、1年かけて火星の音を録音してきた。今回、米航空宇宙局(NASA)がその音声を編集し、「火星のプレイリスト」を作成したことが分かった。米メディア「ギズモード」が伝えている。
ロスアラモス米国立研究所の惑星科学者バティスト・シデ氏は、火星の大気密度は地球の1%であるため、火星で聞こえる音は壁を通り抜けて聞こえてくるような音になると語っている。同氏は、収録した音があまりにも小さく、静かなことから「マイクが壊れたのかと思ったほどだ」と語っている。
同探査機は2020年7月、火星に太古の昔に微生物が存在していたかどうかを調べるために打ち上げられ、2021年2月に火星に着陸した。探査機はこのミッションの他に、火星の音声を記録するため、マイクが2つ設置されている。
NASA 火星の画像を公開 岩石に謎の「ドア開口部」 - Sputnik 日本, 1920, 16.05.2022
IT・科学
NASA 火星の画像を公開 岩石に謎の「ドア開口部」
探査機のカメラに取り付けられたマイクは、探査機の周囲を吹く風の音、車輪の上に設置されたマイクは探査機が移動する際の音を捉えている。NASAのサイトで火星の風の音や、探査機が初めて捉えた火星の音を聞くことができる。
スプートニクは以前、中国とデンマークの研究者らが、これまで考えられていたよりも近い時期まで火星に水が存在していた証拠を発見したと報じた。
関連ニュース
5年以内に火星に宇宙船を送る可能性も=イーロン・マスク
火星で砂なだれはなぜできる? 研究者がその理由を説明
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала