ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ウクライナをめぐる情勢
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

プーチン大統領、和解に真の関心を持つ人なら誰とでもウクライナについて議論する構え=露ラブロフ外相

© Sputnik / Russian Presidential Press Office / フォトバンクに移行プーチン大統領とマクロン大統領の会談(2022年2月)
プーチン大統領とマクロン大統領の会談(2022年2月) - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は29日、プーチン大統領は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領や他の指導者らと、たとえ彼らのレトリックがあろうと、ウクライナ問題の和解について協議する用意があるとし、重要なことは、現在の欧州の安全保障危機を解決しようという意欲が実際に背後にあるということだと語った。
ラブロフ氏は、仏テレビ局TF1のインタビューに対し「我々は誰にも押し付けることはない。誰かが我々とコミュニケーションを取りたい場合、プーチン大統領は、電話会談や個人的な面会を求める指導者らを決して断ることはない」と話した。
ラブロフ氏は「マクロン氏がプーチン氏に接触しようと提案を持ちかけたら、この依頼はもちろん支持される。私は保証する」と強調した。
マクロン仏大統領 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2022
マクロン仏大統領、自らを古代神話の神になぞらえる 仏国民は失笑
また、ラブロフ氏は「EUの指導者は例外なく、ロシアの攻撃を公に非難し、かなり好戦的な言葉を使う」と述べた。
ラブロフ氏は、次のように結論づけた。
「この言葉の背後に、欧州の安全保障の分野で現在の危機を引き起こした問題を解決しようという意欲があるならば、我々はいつでも話をする用意がある。マクロン氏はプーチン氏と長年の信頼関係にある。もし、マクロン氏がそのような接触を図ろうと提案すれば、その提案は受け入れられるだろう」
なお、プーチン大統領は28日、マクロン大統領、ドイツのショルツ首相と電話会談を行った。
関連ニュース
ウクライナの勝利は不可能=元米大統領レーガンの補佐官
ドイツ、ウクライナへの武器供給を最小限に抑える=独メディア
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала