日本 食品8000品目超が今年中に値上げの見込み

© Depositphotos / Mrsiraphol日本(アーカイブ写真)
日本(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 30.05.2022
信用調査会社「帝国データバンク」が23日に公表した「食品主要105社、価格改定動向調査(5月)」によると、日本では今年中に8000品目超の値上げが行われる見通し。
帝国データバンクが日本の食品主要105社を調査したところ、1月から5月までに約4700品目が値上げされ、6月以降には約3600品目の値上げが計画されており、今年中に8000品目超えの値上げが行われる見通し。
穀物 - Sputnik 日本, 1920, 27.05.2022
日本の農産物 少数の特定の国への依存度高い 農業白書
品目別に見ると、最も多いのはカップラーメン、ハム・ソーセージ、冷凍食品などの加工食品で、3609品の値上げが判明した。次いでドレッシングやマヨネーズなどの調味料が1702品目、輸入ワインや発泡酒・ビールなどの酒類・飲料が1188品目と続く。
日本企業は現在、新型コロナウイルスのパンデミック、ウクライナ情勢、ロシアに対するさまざまな制裁措置により、原材料やエネルギー資源などの価格上昇に関連する一連の困難に直面している。
また、円安も価格政策の不安定化の要因の一つとなっている。円安により輸入コストが上昇し、その結果、製造原価が上昇する。
国会(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 25.05.2022
日本、補正予算案を国会提出 物価高対策、2.7兆円
関連ニュース
世界経済は今、第二次世界大戦後最大の試練を迎えている=IMF
上昇する小麦価格 だが原因はロシアにあらず
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала