バイデン氏が銃の規制強化を主張、武器保有権は「聖域ではない」

© AP Photo / Andrew Harnikバイデン氏が銃の規制強化を主張、武器保有権は「聖域ではない」
バイデン氏が銃の規制強化を主張、武器保有権は「聖域ではない」 - Sputnik 日本, 1920, 03.06.2022
ジョー・バイデン大統領は武器保有権を定めた合衆国憲法修正第2条について、「これは聖域ではない」と発言し、銃の入手に関わる管理を厳格化する必要性を指摘した。
バイデン大統領は国内における銃の入手に関する規制強化に向けたイベントの中で、国民に次のように語りかけた。

「私は銃の正当な所有者の文化、伝統、そして懸念を尊敬する。それと同時に、他の全ての法律がそうであるように、第2条は聖域ではない……他の法律と同様、「修正」が付与する法律は無制限ではない。そうではないし、そうそうであった試しは一度もない」

テキサス小学校銃乱射 - Sputnik 日本, 1920, 02.06.2022
テキサス州小学校銃撃事件と警察の無力さは、米市民に銃の購入を考えさせる
バイデン大統領は国内で多発する銃の乱射事件を受け、「常識に基づいた措置」を採用する必要性を指摘した。その上で、突撃銃の流通、及びそうした銃販売店の禁止、または突撃銃の購入可能年齢を18歳から21歳に引き上げることを提案した。
その他、銃の購入希望者に対する生体データのチェックを厳格化する必要性も指摘した。
関連ニュース
バイデン米大統領夫妻、銃撃事件が発生したテキサス州の小学校を弔問
ウクライナ支援金があるのなら、米国の子どもたちを守るべき=トランプ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала