露日、コンブ漁交渉が妥結 例年より遅れて解禁へ

© Sputnik / Dmitry Astakhov日本とロシア
日本とロシア - Sputnik 日本, 1920, 03.06.2022
北海道水産会(札幌市)は3日、ロシア極東のハボマイ群島(日本側名称ː歯舞群島)のシグナリヌィ島(同ː貝殻島)で露側に入漁料を支払い日本漁船が行うコンブ漁について、露日間の交渉が妥結したと発表した。日本の各メディアが伝えている。
産経新聞によると、2022年は昨年より200万円少ない8800万円を日本側が支払い、220隻が操業する内容で合意した。例年は6月1日がコンブ漁の解禁日だが、ウクライナ情勢をめぐる露日関係悪化の影響で妥結がずれこみ、解禁が遅れた。
ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官 - Sputnik 日本, 1920, 03.06.2022
ロシア、エネルギー分野で日本と協力の用意=露外務省
4月にはロシアの川で生まれたサケ・マスに関する露日漁業交渉が妥結していた。
関連ニュース
日本政府、ロシアとのインフラ協力全面削除
長崎市も原爆の日の式典にロシアを招待せず 駐日ロシア大使が憤慨
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала