ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

米大統領のウクライナへの軍事支援決定は世界を脅かしている=AT

© 写真 : Public domain/U.S. Air Force/Airman Aaron Guerrisky米大統領のウクライナへの軍事支援決定は世界を脅かしている=AT
米大統領のウクライナへの軍事支援決定は世界を脅かしている=AT - Sputnik 日本, 1920, 05.06.2022
ウクライナに高機動ロケット砲システムHIMARSを送るというジョー・バイデン米国大統領の決定は、国際安全保障に予測できない結果をもたらす恐れがある。地政学の専門家のフランシス・センパはアメリカンシンカー誌の記事に書いた。
センパ氏によると、最初にバイデン氏は、米国がロシアを攻撃するためにウクライナにミサイルを供給しないと述べていたが、数日後に「ウクライナに近代的なミサイルシステムと弾薬を供給する」と発表した。
著者は、バイデンの政策のそのような逆転は、米国がフィンランドとスウェーデンのNATOへの加盟を支持した直後に見られたと述べた。それを受け、ロシア連邦安全保障理事会のドミトリー・メドヴェージェフ副議長は、スウェーデンとフィンランドがNATOに加盟すれば、バルト海の非核的地位について話すことはもはや不可能になると語った。
センパ氏は「軍事紛争の間、そのような混乱は実に危険な結果をもたらす可能性がある」と指摘している。
センパ氏は米政権の情報源を引用し、「ウクライナ軍がこれらのミサイルシステムを受け取ったら、彼らがロシア領土の標的を攻撃するのを妨げるものは何もない」と述べ、ウクライナが最大80キロの距離で標的を攻撃できると主張した。
ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ公式報道官は、西側がウクライナに武器を送り込むことは、ロシアとウクライナの交渉の成功に寄与せず、悪影響をもたらすと指摘した。
米国、全同盟国の利益を踏まえNATOの急速な拡大を支持=ホワイトハウス - Sputnik 日本, 1920, 03.06.2022
米国、全同盟国の利益を踏まえNATOの急速な拡大を支持=ホワイトハウス
2月24日の露軍のドンバスにおける特殊軍事作戦の開始以降、米国やNATO加盟諸国はウクライナへの兵器供給を続けている。露政府は西側諸国の軍事支援は紛争を長期化するだけだとしており、兵器の運搬手段も攻撃対象になるとしている。
バイデン米大統領は5月21日、ウクライナへの軍事、経済、人道支援に関する法律に署名。この法案には、さまざまなウクライナ情勢に関する支出が含まれている。米上院はバイデン大統領が求めていた330億ドル(約4兆2000億円相当)の支援額を400億ドル(約5兆1000億円相当)にまで増額していた。
関連ニュース
NATOはウクライナへの軍事支援を削減し、ロシアとの交渉に向かわせるべき=専門家
米国が旧ソ連製ヘリをウクライナに供与、ロシア側が抗議
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала