ロシア、日本との漁業協力停止へ=露外務省

© Sputnik / Russian Foreign Ministry / フォトバンクに移行マリア・ザハロワ露外務省報道官
マリア・ザハロワ露外務省報道官 - Sputnik 日本, 1920, 07.06.2022
露外務省のマリア・ザハロワ報道官は7日、露極東・南クリル諸島(日本側名称・北方領土)における露日間の漁業協力を停止すると発表した。声明は露外務省公式サイトに掲載されている。
今回停止となった露日漁業協定は1998年に締結されたもので、日本側が資源保護の名目でロシア側に協力金を支払い、割り当てられた漁獲枠内で日本漁船がクリル諸島で安全操業するもの。
ザハロワ報道官は「残念ながら日本側は、毎年必要な書面の署名を遅らせており、協定に基づく支払いを『凍結』した」として、日本側が支払い義務を果たすまで協定の履行を停止せざるを得なくなったと説明している。
関連ニュース
露日、コンブ漁交渉が妥結 例年より遅れて解禁へ
露日、サケマス交渉が妥結=水産庁
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала