淀川で遺体 京都・宇治川で流された男児か 大阪府警

© Wikipedia / Kansai explorer 大阪府警察本部 (大阪市中央区)
 大阪府警察本部 (大阪市中央区) - Sputnik 日本, 1920, 11.06.2022
大阪府警は10日、高槻市東上牧の淀川で10代ぐらいの男性の遺体が見つかったと発表した。5日に京都市伏見区の宇治川で流され、行方不明となっていた小学6年の男児(11)の可能性がある。日本の各メディアが伝えている。
関西テレビなどによると、10日午後4時過ぎ、淀川で釣りをしていた人から「うつぶせの水死体を見つけた」と110番があった。署員が駆け付け、約2時間後に引き上げられたが死亡が確認された。
5日に京都市の宇治川で流されて行方が分からなくなっていた男児と服装などが一致しており、府警は遺体を男児とみて身元特定を進めている。
5日午後2時半すぎ、京都市の宇治川で「子ども2人が流されているのを見た」と警察と消防に通報があった。1人は無事に救出されたが、もう1人の行方がわからなくなっていた。淀川は男児が流された宇治川の下流にあたる。
関連ニュース
愛知でちりめんパックにフグが混入 スーパーが自主回収へ
米マースの工場で従業員2人がチョコレートのタンクに転落
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала