バイデン米大統領、上院超党派議員らによる銃規制法案強化を支持

© AP Photo / Evan Vucciバイデン米大統領
バイデン米大統領 - Sputnik 日本, 1920, 13.06.2022
ジョー・バイデン米大統領は、上院議員による銃規制法案の変更を支持し、それが人命救助の助けとなると保証した。
バイデン氏は、発表した声明の中で「この国では一日一日、多くの子どもたちが殺されている。この法案が私の元へ届くのが早ければ早いほど、より早く署名することができ、この対策を用いてより早く命を救うことができる」と述べた。
また、バイデン氏は、この法案は自身が必要と考える全てを行うわけではないが、正しい方向への重要なステップを反映しており、ここ数十年で議会を通過する最も重要な銃の安全に関する法案となるだろうと強調した。
米国旗、ピストル - Sputnik 日本, 1920, 06.06.2022
銃規制で米国市民の意見分かれる=世論調査
NBCニュースが伝えたところによると、超党派の上院議員グループが、銃の所有に関する法案の変更について枠組み合意を提案した。同局は、議員らは共同声明で、提案された措置は子どもたちを保護し、学校をより安全にし、国内の暴力の脅威を減らすものになると述べたと報じている。声明によると、提案された措置は、警察や家族が、危険とみなされる者の銃の所有禁止を裁判所に申請できるようにするもので、「レッドフラッグ」と呼ばれる。また、18歳から21歳までの銃購入希望者には、精神状態の審査や犯罪歴の照会など、より厳しいチェックが行われるとのこと。
アナリストらによると、米国では今年初頭から約2万人が銃器を使用した事件により死亡しており、国内で銃乱射事件に該当するケースは260件発生した。最近では、テキサス州ユバルディの小学校での乱射事件(19人の生徒と2人の教師が死亡)や、ニューヨーク州バッファローのスーパーマーケットでの乱射事件(10人が死亡)などが発生した。
関連ニュース
テキサス州小学校銃撃事件と警察の無力さは、米市民に銃の購入を考えさせる
ウクライナ支援金があるのなら、米国の子どもたちを守るべき=トランプ氏
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала