2035年以降EUでは電気自動車のみ生産 皆がこれに満足ではない

電気自動車 - Sputnik 日本, 1920, 13.06.2022
欧州議会の議員らは、2035年からガソリンとディーゼル燃料で走行する自動車およびハイブリッド車の生産を完全に禁止するという欧州委員会の提案に賛成した。しかし、すべての専門家や一般の人々が、電気自動車への完全な切り替えという性急な決定を承認するわけではない。テレビチャンネル「フランス24」が報じた。
報道によれば、「グリーントランジション」に夢中な欧州議会の議員らは、
この決定を誇りに思っているが、車の所有者については、何も述べていない。例えば、地方に住むフランス人にとって、自動車は生活に不可欠であり、唯一の交通手段であることが多い。地方の住民は長距離を移動する必要があるため、電気自動車を定期的に充電することは、時間の大幅な損失というだけでなく、ガソリンスタンド不足から解決困難な問題といえる。
ホンダ - Sputnik 日本, 1920, 12.04.2022
日本のホンダ 年間200万台の電気自動車生産へ 2030年までに30種類
輸送の専門家はまた、電気自動車への完全移行が計画されていることについて懸念を表明している。2035年に電気自動車の価格が従来の車よりもまだ高額な場合、人々は新タイプの自動車を購入しないことを選択する可能性があり、その結果、環境を汚染する中古車をさらに長距離走らせることになる。また、燃料エンジンを搭載した別の車をレンタルする可能性もある。同テレビ局は、こうした状況の下では、「グリーントランジション」を達成することはできないと指摘する。
通信社スプートニクは以前、英国の高級車メーカー「ベントレー・モーターズ」が2030年までに電気自動車の生産に完全に切り替えることを計画していると報じている。
関連ニュース
ニッケル、10年ぶり高値 EV市場の成長で
テスラ 納車台数で記録更新
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала