最強の第5世代戦闘機は? 露米中の技術を比較

CC BY-SA 3.0 / Alex Beltyukov / Sukhoi T-50ロシアの第5世代戦闘機「Su-57」
ロシアの第5世代戦闘機「Su-57」 - Sputnik 日本, 1920, 15.06.2022
高度な火器管制装置とステルス性能を備えた第5世代ジェット戦闘機。ロシアの「Su-57」、米国の「F-35」、中国の「J-20」などが有名だが、それぞれどのような特長を持っているのだろうか。米軍事専門誌「Military Watch」が伝えている。
同誌の報道によると、「Su-57」、「F-35」、「J-20」はいずれも第5世代戦闘機に分類されるが、性能はそれぞれ異なる。第5世代戦闘機の生産は今後10年にわたり続けられるとされており、これらを比較することは上空での軍事バランスの分析に有用だとされる。
極超音速ミサイル - Sputnik 日本, 1920, 14.06.2022
中国、極超音速ミサイルの迎撃用に人工知能を開発
中国の「J-20」は上空での「空対空」の戦闘に効果的な武器を備えている。特に改良版の「J-20A」はエンジン性能が高く、ステルス性も高いという。一方で操作性は「F-35」に劣り、対地戦闘では引けを取るという。
米国の「F-35」は3つのうち最も軽い戦闘機で、「Su-57」や「J-20」に比べると軽装備だ。「F-35」は他と比べて機動性に劣るが、高いステルス性と高度な電子戦対応装置がそれを相殺している。
ロシアの「Su-57」は広範囲をカバーする空対空ミサイルと機体表面全体に張り巡らされたセンサーが特徴だ。ステルス性能では引けを取るものの、機動性では第5世代戦闘機の中で最も優れているという。
これまでに、日本の防衛省が航空自衛隊のF2戦闘機の後継機について、航空防衛機器大手BAEシステムズ(英国)と三菱重工(日本)を軸とする日英による共同研究開発事業とする方向で調整に入ったと報じられていた。
関連ニュース
ロシアの最新型戦闘機「チェックメイト」の生産開始時期が明らかに
ロシア、5キロ離れた地点からドローンを燃やすことができるレーザー試験実施
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала