北朝鮮・金正恩氏、前線部隊の「作戦修正」を議論 ミサイル運用に関連か

© AFP 2022 / KCNA/KNS拡大会議の様子を伝える朝鮮中央テレビの放送
拡大会議の様子を伝える朝鮮中央テレビの放送 - Sputnik 日本, 1920, 23.06.2022
北朝鮮の最高指導者・金正恩委員長は22日、朝鮮労働党軍事委員会の拡大会議で、朝鮮人民軍の前線部隊の作戦能力の向上や軍組織の再編などを軍幹部らと議論した。北朝鮮国営メディア「朝鮮中央テレビ」の情報をもとに、韓国の聯合ニュースが報じている。
聯合ニュースによると、約1年ぶりとなる党中央軍事委員会拡大会議は21日から始まり、金正恩氏が司会を務めた。
会議で金正恩氏は、「前線部隊などの作戦能力を高めるための重要な軍事的対策などを取り扱う党中央の戦略的な見解と決心」を述べ、前線部隊の作戦任務追加や作戦計画の修正について軍幹部らと議論した。
ソウルで行われた式典でスピーチする韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領 - Sputnik 日本, 1920, 14.06.2022
韓国大統領、北朝鮮ロケット砲発射後に映画鑑賞 必要な対応は取ったと説明
朝鮮中央テレビは前線部隊の作戦修正に関する具体的な内容は明らかにしていないが、韓国軍内では核兵器の搭載が可能な短距離ミサイルの運用との関連があるとする見方も出ているという。北朝鮮メディアは4月に行われた「新型戦術誘導兵器」の発射実験の際、戦術核兵器を最前線の砲兵部隊で運用すると報じていた。
関連ニュース
北朝鮮 金正恩氏、党幹部の規律強化について協議
北朝鮮・金委員長、国防力強化訴え 外相には初の女性
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала