エアコンの節電への意識は4割程度 ダイキン工業調査

© AP Photo / Koji Sasahara日本
日本 - Sputnik 日本, 1920, 28.06.2022
日本の空調機メーカー「ダイキン工業」がエアコンの節電対策についてアンケート調査を実施し、節電対策としてスイッチの頻繁なオン・オフを避ける必要があることを理解している人が4割未満であることが明らかとなった。産経新聞が報じた。
調査(6月2日~5日にスマホで実施。回答者526人)では、昨年以上の省エネ・節電対策への取り組みを希望しているか、また、エアコンの節電対策について質問がされた。
東京(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 28.06.2022
東京の暑さ 6月としては記録的高温
省エネ・節電に関しては取り組みを希望する人の割合は90.7%だったが、32.9%しか具体的な対策案を持っていなかった。また、もっとも消費電力が大きい家電がエアコンであるとの認識を74.7%が示したが、その節電対策については、温度設定を控えるが66.3%となり、スイッチの頻繁なオン・オフの回避を上げる人は36.9%に留まった。
ダイキン工業は、効果的なエアコンの使い方として、電源のオン・オフを頻繁に行わないことや風量調整、フィルターの清掃、室外機の設置環境を上げ、節電術を正しく理解し、身近なところから取り組んでほしいとアドバイスした。
関連ニュース
猛暑の日本 エアコンの有効活用・節電対策とは 大手家電メーカーのアドバイス
日本 「電力需給ひっ迫注意報」を初めて発令 関東地方で厳しい暑さ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала