露海軍の艦艇3隻 与那国島と西表島の間を通過 日本・防衛省

© Sputnik / Vitaliy Ankov / フォトバンクに移行ロシア海軍の艦艇(アーカイブ)
ロシア海軍の艦艇(アーカイブ) - Sputnik 日本, 1920, 02.07.2022
日本の防衛省統合幕僚部は2日、ロシア海軍の艦艇3隻が沖縄県の与那国島と西表島の間を通過したと発表した。日本の各メディアが伝えている。ロシア軍艦艇の同海域の通過を防衛省が公表するのは初めてだという。
共同通信などによると、通過したロシアの艦船は駆逐艦、フリゲート艦、補給艦の計3隻で、1日から2日にかけて与那国島と西表島の間を北上し、東シナ海に入った。このうち、駆逐艦とフリゲート艦は6月、別の艦船5隻と北海道沖から伊豆諸島周辺まで南下していたものだという。
与那国島と西表島は直線距離で約77キロ離れており、ロシア軍艦艇は日本の領海に含まれない公海上を航行したとみられる。防衛省は今回の行動の内容や目的を分析するとしている。
ロシア海軍 - Sputnik 日本, 1920, 15.03.2022
ロシア海軍が宗谷海峡通過 「重大な懸念を持って注視」=松野官房長官
日本の防衛省はこのごろ、中国軍の爆撃機3機が宮古海峡(沖縄本島と宮古島の間)の上空を通過したと発表していた。
関連ニュース
日本の海上自衛隊、米豪海軍と太平洋で共同演習 空母も参加
中国軍機約30機、台湾の防空識別圏に進入 緊張高まる
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала