中露艦艇が尖閣諸島周辺の日本の接続水域を航行=日本の防衛省

© AP Photo / Emily Wang尖閣諸島
尖閣諸島 - Sputnik 日本, 1920, 04.07.2022
日本の防衛省は4日、中国とロシアの艦艇が尖閣諸島(中国名・釣魚島)周辺の日本の接続水域に入ったと発表した。領海への侵入は確認されなかったという。
日本の木原官房副長官は4日の記者会見で「本日午前7時44分頃、海上自衛隊が監視をしていた中国海軍ジャンウェイⅡ級1隻が、尖閣諸島魚釣島南西の我が国接続水域に入域した。当該艦艇による領海侵入は確認をされず、同日午前7時50分頃、当該船舶は魚釣島南西の我が国接続水域から出域した。外交ルートを通じ中国側に重大な懸念を表明して抗議するとともに、再発の防止を求めた」と述べた。
日本の防衛省も同日、中国海軍艦艇の動向について発表した。
日露交渉 - Sputnik 日本, 1920, 03.07.2022
再編「サハリン2」をめぐる状況
日本政府 「サハリン2」をめぐり、ロシア側が契約違反なら抗議の可能性=読売新聞
また産経新聞が日本の防衛省を引用して報じたところによると、2日に沖縄県の与那国島と西表島の間を北上したロシア艦艇3隻のうち1隻が4日7時05分から8時16分に尖閣諸島周辺の日本の接続水域に入った。
中国とロシアの艦艇がこの接続水域内をほぼ同じ時間帯に航行するのは2016年6月以来だという。
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала