OPECには原油増産の可能性ある=米国際エネルギー安全問題特使

© AFP 2022 / Ryad Kramdi OPEC(石油輸出国機構)
OPEC(石油輸出国機構) - Sputnik 日本, 1920, 18.07.2022
米国の国際エネルギー問題担当特使を務めるアモス・ホッホシュタイン氏は、OPEC(石油輸出国機構)には原油増産のための可能性があり、今後数週間のうちに何らかの措置が講じられるだろうと期待していると述べた。
ホッホシュタイン氏は、中東を歴訪したジョー・バイデン大統領に随行した。中東でバイデン大統領はサウジアラビアを訪問したほか、ペルシャ湾岸6カ国が加盟する「湾岸協力会議(GCC)」に周辺3カ国を加えた首脳会合に出席した。
ホッホシュタイン氏は、CBSテレビからのインタビューに答えた中で、「中東歴訪の中で得た情報に基づき、今後数週間以内に何らかの措置が講じられると確信している」と述べた。
石油 - Sputnik 日本, 1920, 15.07.2022
欧州が6年ぶりに米国産石油の消費量でアジアを追い抜く=ブルームバーグ
またホッホシュタイン氏は、「OPECには追加増産のための能力があり、増産幅を拡大できる」とも付け加えた。
さらに、ホッホシュタイン氏は、OPEC加盟国は7月と8月の増産幅を当初の計画より50%拡大すると約束したとも語った。
米国政府は、今年末までに国内の原油生産を日量100万バレル増産することにしている。これに関して、ホッホシュタイン氏は、これにより、市場介入を避けることができるだろうとの考えを示し、国際的な原油価格は、1バレル120ドルだったのが、ほぼ100ドルまで下落したと指摘した。
関連ニュース
サウジは米大統領の要請にもかかわらずロシアとの協定を放棄しない=専門家
バイデン氏の中東訪問、米国のガソリン価格引き下げの助けとならない=ポリティコ
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала