飢餓対策にロシアはどれだけ穀物輸出できるか

© Sputnik / Vitaliy Timkiv / フォトバンクに移行ロシアでの農業(アーカイブ写真)
ロシアでの農業(アーカイブ写真) - Sputnik 日本, 1920, 21.07.2022
穀物の生産、販売を司る「ロシア穀物連合」のアレクサンドル・コルブト会員はスプートニクのラジオに出演した中で、世界の飢餓対策にロシアがどれだけ貢献できるかについて語った。
今年2022年、ロシアの小麦収穫量は史上最高値の最大9270万トンに達するものとみら れている。ここからロシアが国際市場へ供給しうる穀物量は最大6400万トンになり、 これが世界の飢餓問題の解決に貢献できる。
コルブト氏は、どういった条件が整えば世界市場にロシア産穀物が供給されうるかに ついて、次のように語っている。
「ロシアの港への入港禁止措置はまだ続いている。この障壁と他の制裁が取り除かれれ ば、穀物は世界市場に流れていくだろう」
ロシア農業省は、7月21日の時点で国内の穀物収穫量は3000万トン以上となったと発表 した。
これに先立ち、国連事務総長は、ロシアおよびウクライナからの農産物輸出を抜きに 食糧危機の解決は図ることができないと明言している。
関連ニュース
ウクライナでの紛争が終わると世界はさらに分裂する=EU上級代表
ウクライナ危機は、世界の食料システムのもろさを浮き彫りにしている=国連
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала