ドネツク人民共和国の自警団 - Sputnik 日本, 1920, 31.01.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
ロシアは2月24日、ウクライナで軍事作戦を開始した。プーチン大統領は、その作戦の目的を「8年間ウクライナ政権によって虐待や大量虐殺にさらされてきた人々を守ること」だと述べた。プーチン大統領は、この目的のために「ウクライナの非軍事化と非ナチ化」を計画していると語った。西側諸国は、特殊作戦に関連して、ロシアに対する新たな厳しい制裁を発動した。

ウクライナは「反ロシア」となるために選ばれた=ラブロフ外相

© Russian Foreign Ministry / フォトバンクに移行ラブロフ外相
ラブロフ外相 - Sputnik 日本, 1920, 26.07.2022
ロシアのラブロフ外相は、エジプトの首都カイロで行われたアラブ連盟加盟国の常任代表らとの会談で、西側諸国はウクライナが「反ロシア」となるためにウクライナへ武器を送り込んだと述べた。

「ウクライナは『反ロシア』となるために選ばれた。ウクライナに武器が送り込まれた。ウクライナ領内に海軍、陸軍、その他の軍事基地がつくられるばずだった。西側のスポンサーは、2014年2月のクーデターを組織した者たちに『規律』を要求するのではなく、その反対にそれを支持した」

ラブロフ外相はまた、ロシアはウクライナ国民が反人民的政権から解放されるよう必ず支援し、ロシアとウクライナの国民は共に暮らし続けると指摘した。
HIMARS 高機動ロケット砲システム - Sputnik 日本, 1920, 20.07.2022
ドンバスの解放を賭けた特殊軍事作戦
西側の軍事備蓄はウクライナ向け供給で枯渇か、はたまたこれは予算拡大を狙う米軍産複合体の罠なのか
「ウクライナはロシアの『永遠の敵』になりつつあるとすべての人を説得しようとするキエフ政権の国家的プロパガンダとその西側のパトロンに屈した人たちを残念に思う。そんなことは起こらない。ロシア人とウクライナ人は共に暮らす」
関連ニュース
ウクライナに武器投与は危険 ロシアは欧米の理解を望む ラブロフ外相
ウクライナで高機動ロケット砲システム「ハイマース」を操作しているのはNATOの軍人
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала