- Sputnik 日本, 1920, 08.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
7月8日午前11時半ごろ、奈良県奈良市の近鉄大和西大寺駅近くで演説を行っていた安倍晋三元首相(67)が男に銃で撃たれ、血を流して倒れた。

日本の政治学者、プーチン大統領の欠席が好ましくない理由について語る 安倍元首相の国葬

© Sputnik / Sergei Guneev / フォトバンクに移行安倍晋三
安倍晋三 - Sputnik 日本, 1920, 28.07.2022
日本の政治学者の上野俊彦氏(元上智大学外国語学部教授。専門はロシア政治)は、日本政府が安倍晋三元首相の国葬にロシアのプーチン大統領の参列を認めないことを検討していることについて遺憾の意を示している。上野氏はスプートニクの記者に対し、安倍元首相の葬儀にプーチン大統領が欠席することが好ましくない理由について語っている。
上野氏は、安倍氏の国葬にプーチン大統領が出席することを日本政府は認めるべきという考えを示しており、その理由を3つ挙げている。上野氏はまず「そもそも、弔意を示し、葬儀に出席したいと考える人は、すべて受け容れられるべき」と述べ、出席したい人物の参列を全員認めるべきだと指摘している。
同氏は次に、日本政府は弔問外交の機会を活かしてプーチン大統領と重要な諸問題について議論を行うことを提案している。

日本政府は、弔問外交の機会を活かして、プーチン大統領とのあいだで、1)ロシアとウクライナとのあいだの停戦について、2)日露平和条約締結交渉について、3)その他の日露関係の重要な諸課題について、話し合いを持つべきです。

上野氏は最後に、日本政府がウクライナをめぐる出来事でロシアの外交政策・対日政策に賛成できない点があれば「それを直接にプーチン大統領に伝えるべき」だと述べている。日本政府が安倍元首相の国葬にプーチン大統領の参列を認めないことは、日本政府の考えをプーチン氏に伝える貴重な機会を失うことになると指摘している。
安倍元首相の「国葬」、 9月27日に実施で決定  東京・日本武道館 - Sputnik 日本, 1920, 22.07.2022
安倍晋三元首相襲撃事件
安倍元首相の「国葬」、 9月27日に実施で決定  東京・日本武道館
22日、日本政府は安倍元首相の国葬にプーチン大統領の出席を認めない方向で検討に入ったと報じられた。その後の25日には、ロシア大統領府のペスコフ報道官が、プーチン大統領が安倍元首相の国葬に参列することは予定していないと明らかにした。
関連ニュース
安倍氏殺害事件以降、日本の政治方針は変わるのか ロシア専門家
警察庁長官「責任果たせず、慙愧に堪えない」 安倍氏銃撃で「検証チーム」設置
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала