シーメンス社、ロシアへの「ノルドストリーム」のタービン納入はまだ不可能 ショルツ首相「何の障害もない」

© AFP 2022 / Sascha Schuermannドイツのオーラフ・ショルツ首相とシーメンス・エナジー社のクリスチャン・ブルッフCEO
ドイツのオーラフ・ショルツ首相とシーメンス・エナジー社のクリスチャン・ブルッフCEO - Sputnik 日本, 1920, 03.08.2022
シーメンス・エナジー社は、「ノルドストリーム」のタービンをまだロシアに納入することができないと表明した。ドイツのオーラフ・ショルツ首相との会談で同社のクリスチャン・ブルッフCEOが語った。
ドイツのショルツ首相は、ミュールハイム・アン・デア・ルール市にあるシーメンス本社を訪れ、タービンの検査を行った。
ブルッフCEOは首相に対し、「私たちは、連邦政府の支援を受けてタービンをロシアに返還することに大きな関心を持っている。私たちとしては、すべての書類と通関書類などの準備はできているが、クライアントである『ガスプロム社』の参加が必要だ。しかし、それはまだ確認されていない。そのため、納品することができず、1週間以上たってもタービンはここにある」と説明した。
欧州委員会のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長 - Sputnik 日本, 1920, 30.07.2022
欧州委員長 ロシアのガス供給をめぐる欧州の問題を嘆く
一方、ショルツ首相は、ユニットの接続には何の障害もないと強調した。
「重要なのは、このタービンはいつでも接続ができ、使用が可能だということ。ロシアへの今後の輸送を妨げるものは何もない
同首相によると、このエンジンの使用を妨げる「ガスの制裁」はないという。
「ノードストリーム」の供給量は6月に激減した。ガスプロム社は、カナダ政府が制裁により修理を終えたガスタービンの返却を拒否したことが原因だとしている。特に、カナダからのタービン返却が不可能になり、今のところタービンはドイツで停滞を余儀なくされている。
関連ニュース
英国、ロシア産の天然ガス不足から電力供給代を5000%過払い
露の独向けガス輸送量削減の決定に技術的な理由ない=独副首相
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала