ロシアによるウクライナでの軍事行動は核安全保障上の脅威ではない=露外務省

© Sputnik / Евгений Одиноковロシアによるウクライナでの軍事行動は核安全保障上の脅威ではない=露外務省
ロシアによるウクライナでの軍事行動は核安全保障上の脅威ではない=露外務省 - Sputnik 日本, 1920, 04.08.2022
ロシアがウクライナで展開する軍事行動は、核の安全保障に脅威を与えるものではなく、厳然として存在する挑発行為から重要な施設を保護することを目的としている。ロシア外務省核不拡散・軍縮問題担当部のイーゴリ・ビシネベツキー副部長が表明した。
ビシネベツキー副部長はニューヨークで開かれたNPT再検討会議2日目の一般討論演説で、チョルノービリ及びザポリージャの原子力発電所における安全保障の文脈で懸念が示されたことを受け、次のように反論した。
「我々の軍事行動はいかなる形でもウクライナの安全保障に脅威をもたらしていない。ロシア軍はこれらの発電所を一つの目的から制圧したにすぎない」
FBI、ファーウェイが米国の核兵器に関する情報を盗む能力があったと指摘=CNN - Sputnik 日本, 1920, 24.07.2022
FBI、ファーウェイが米国の核兵器に関する情報を盗む能力があったと指摘=CNN
ビシネベツキー副部長によると、ウクライナでは民族主義の組織、及び外国人傭兵が核による挑発行為を組織できる状況が成立しており、それは破滅的な結果をもたらしうるとし、こうした動きを阻止することが作戦の目的であると指摘した。ビシネベツキー副部長は、「そうしたリスクは間違いなく存在する」と強調した。
関連ニュース
北朝鮮の核兵器保有を批判できるものはいない=北朝鮮国連大使
ロシア外務省、ウクライナでの核兵器使用の可能性について
ニュース一覧
0
コメント投稿には、
ログインまたは新規登録が必要です
loader
チャットで返信
Заголовок открываемого материала