11:11 2019年07月20日
米軍、リビアから撤退 情勢悪化で

米軍、リビアから撤退 情勢悪化で

© 写真: Public domain/U.S. Air Force/Katherine Windish
アフリカ
短縮 URL
2112

リビアでの情勢悪化を受け、米アフリカ軍はリビアから部隊を撤退させた。「合理的な軍事計画」だとしている。

スプートニク日本

現在リビアでは二重権力状態が保たれている。東部トブルクには暫定議会が、西部の首都トリポリでは国連の後押しのもとで形成され、国際社会に承認されたシラージュ暫定首相率いる暫定政府が拠点としている。

暫定議会は暫定政府から独立して機能しており、ハリファ・ハフタル将軍が率いる民兵組織「リビア国民軍(LNA)」が権力を有している。

関連ニュース

ストルテンベルグ事務総長「リビア作戦はNATOの責任ではない」

タグ
アフリカ, リビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント