02:37 2019年10月23日
刑務所

刑務所かホテルか? カンボジアでコンフォートクラスの民間刑務所が完成へ

© Depositphotos / Cunaplus
アフリカ
短縮 URL
0 02
でフォローする

カンボジアの首都プノンペンにあるプレイソー刑務所で、コンフォートクラスの部屋を備えた特別棟がまもなく完成する。同国のプノンペン・ポスト(電子版)が報じた。

完成後45年は、建設に携わった民間企業が刑務所を運営し、受刑者が負担する金額も企業が設定する。得られた金は建築費用の回収と企業の収益に向けられる。45年後、刑務所は政府所有に移る。

新たな特別棟にできる部屋はサイズが大きい一方、1つの部屋に収容される受刑者の人数は少なくなる。面積が30平方メートルの通常の部屋には受刑者30人である一方、特別棟では1部屋あたり1人~4人の収容を予定している。

「商業」棟建設は2016年に決まった。裕福な受刑者がより快適に刑務所で暮らし、政府の新たな収入源を作り出す狙いだという。

関連ニュース

イタリアの「コカイン王」がウルグアイで脱獄

タグ
カンボジア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント