15:15 2017年09月22日
東京+ 24°C
モスクワ+ 8°C
    上海協力機構及びBRICSロシア・サミットを前に、中国でアニメ作品が作られる

    上海協力機構及びBRICSロシア・サミットを前に、中国でアニメ作品が作られる

    © 写真: YouTube
    アジア
    短縮 URL
    0 2165161

    ロシアでBRICS及び上海協力機構サミットが開かれ、習近平国家主席がロシアを訪問するのを前に、中国でこれに関するアニメ作品が作られた。

    3分間の動画で、世界の人口の4割を統合し、総生産の総計が米国のそれに匹敵するBRICSが持つ意義の大きさを紹介するものとなっている。また、中国、ロシアと中央アジア4カ国を含む上海協力機構についても説明がなされている。

    動画では、習近平国家主席と他の8人のリーダーたちが、一台の自転車に一緒に乗っている様子が映されている。習近平氏はそこで、「我らの課題は互いに互いの大成長を実現することにある」と語る。そのすぐ後で、ナレーションが入る。「どこかの国は世界が自分のものであるかのように世界を扱い、あるか無きかの口実を見つけて他人の家に上がり込み、自分の腕力を示して、自分が主人のように振舞うが、私らは違う」(これは暗に米国を指しているのである)。

    動画には、習近平国家主席とプーチン大統領が友だち同士のように並んでいる場面もある。「近年の露中間系は非常に温厚なものになっている」とナレーションが入る。「それを支持する人もいれば、批判する人もいる。立場は様々だ。メンタリティが違うからだ。しかし、冷戦の枠組みによる思考は、もはや絶望的に廃れた」。これらの言葉を背景に、レンガを手に持った批評家が、彼の振る舞いに不満を持つ群衆に取り巻かれている様子が映される。

    タグ
    アニメ, 上海協力機構, BRICS, ロシア, 中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント