00:02 2017年10月18日
東京+ 13°C
モスクワ+ 11°C
    イスラム国、インドに世界の終わりをもたらし、米国と戦うために全てのイスラム教徒を結集させることを宣言

    イスラム国、インドに世界の終わりをもたらし、米国と戦うために全てのイスラム教徒を結集させることを宣言

    © AP Photo/ Militant website
    アジア
    短縮 URL
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    24158119

    イスラム国はインドで大規模テロを計画している。それは「世界の終わり」をもたらすものになるという。インド紙「The Times of India」によれば、パキスタンで「イスラム・カリフ国家小史」なる冊子が見つかった。それによれば、テロの準備は既に進められているという。

    32ページからなるこのウルドゥー語で書かれた冊子には、イスラム国のインドに対する攻撃を通じた全面戦争に米国を引き込むことを目標とした戦略が書かれている。

    また、アフガン脱出後の米兵および米国人外交官・パキスタン役人に対する攻撃の筋書も詳しく書かれている。また、数十あるパキスタンおよびアフガンのタリバン分派をひとつのテロ軍に結合する課題も示されている。

    「カリフ国家は全世界を掌握し、アラーに反対する最後の一人の首が飛ぶまで生き延び、開花するという事実を理解せよ」とある。

    米国は今日、こうした文書が存在すること、またそのディテールを発表した。パキスタンのタリバンと関係をもつパキスタン人から米メディアが入手したものだという。米国の諜報機関は現時点で、その真正性を確認している。イスラム国の外の書類と同じような文体が見られるという。現時点で明らかになっているのは、米国軍事諜報局元長官で中将のマイケル・フリン氏が文書を読み解き、それが「イスラム国の特別なキャンペーン計画である」こと、真剣に取り扱うべきものであることを述べた、ということである。

    トピック
    「イスラム国」の脅威と全世界に広がる過激主義 (182)
    タグ
    インド, 中東, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント