10:05 2017年11月18日
東京+ 8°C
モスクワ+ 2°C
    中国外務省「南シナ海における米国の行動は、中国の主権を侵害」

    中国外務省「南シナ海における米国の行動は、中国の主権を侵害」

    © AFP 2017/ U.S. Navy/ Felix Garza
    アジア
    短縮 URL
    11058174

    中国外務省のル・カン報道官は、声明を発表し、その中で「南シナ海・南沙諸島の中国領海内に不法に侵入した米国のイージス駆逐艦の行動は、中国の主権を侵害し、地域の平和と安全を脅威にさらすものである」と指摘した。

    中国外務省のサイトで公表された声明の中では、次のように書かれている―

    「中国当局の許可なく米国のイージス駆逐艦『ラッセン』が不法に、南沙諸島近くの海域に入った。中国のしかるべき機関が、この艦船に対し警告を行った。米艦船の行動は、中国の主権と安全を侵し、島に居住する人々、そして島にあるインフラの安全を脅威にさらすものである。中国側は、こうした行動に断固抗議し不満感を表明する。

    こうした米国の行動は、この地域の安定を脅威にさらしている。

    中国は、米国に対し、中国側の認識を考慮し、中国の主権と安全を脅かす挑発的な行動を控えるよう強く求める。

    中国政府は、島に対して議論の余地なき主権を有しており、建設行為が、南シナ海における航行の自由に影響を及ぼしているとは考えていない。」

    タグ
    中米関係, 領土問題, 南シナ海, 中国, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント