16:11 2017年06月25日
東京+ 23°C
モスクワ+ 13°C
    米国 空母「カール・ビンソン」は朝鮮半島にはまだ遠いことを認める

    米国 空母「カール・ビンソン」は朝鮮半島にはまだ遠いことを認める

    © REUTERS/ U.S. Navy Photo/ Tom Tonthat
    アジア
    短縮 URL
    170072

    米軍は18日、先週、トランプ米大統領の指令で朝鮮半島沿岸に差し向けられた空母「カール・ビンソン」は現在、まだ半島から遠い地点に位置していることを認めた。

    スプートニク日本

    米国太平洋軍司令部の声明によれば、空母「カール・ビンソン」は豪州艦隊との演習期間を短縮し、太平洋西部へと差し向けられていた。

    週刊「ディフェンス・ニュース」の先の報道によれば、現在「カール・ビンソン」はまだ豪州近海に位置しており、朝鮮半島からはおよそ3500マイル離れている。

    トランプ米大統領は先週末、朝鮮半島沿岸に攻撃空母群および戦略潜水艦で構成する「無敵艦隊」を派遣したことを明らかにしていた。

    ホワイトハウスのある高官はウォールストリート・ジャーナル紙に対して、ホワイトハウスは米国防総省から空母についての不正確な情報を受け取ったことを明らかにした。ホワイトハウスの別の高官も米国防総省がホワイトハウスに誤った情報を流し、誤りを18日になるまで分からなかったとしてこれを非難している。

    こうした一方で韓国の聨合ニュースは韓国政府内の消息筋の情報として、米国は来週、朝鮮半島沿岸に一度に3隻の空母を派遣する構えと報じている。

    タグ
    北朝鮮, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント