14:37 2018年02月21日
東京+ 8°C
モスクワ-13°C
    中国、新型ロケットの打ち上げ誤算で失敗

    中国、新型ロケットの打ち上げ誤算で失敗

    © REUTERS/ China Daily
    アジア
    短縮 URL
    0 23

    中国の南部の海南省の発射場で2日に行った新世代の運搬ロケット「長征5号遥2」の打ち上げは誤算で失敗したということが分った。AFP通信が報じた。

    スプートニク日本

    「長征5号遥2」は、海南省にある中国文昌発射場から2日午後7時23分(地元時間)に発射された。しかし、新華社通信が報じたところによると「飛行中に異常が検知された」。

    遥2には最大25トンまで搭載できるが、今回、7.5トンの通信衛星「実践18号」が搭載されていた。

    新華社は「さらに調査が行われる」と伝えているが、それ以上の詳細には触れていない。

    先の報道によると、在米中国大使館は、総額14億2000万ドルで台湾へ武器を売却する方針は「誤った決定」だとし、米政府に中止を求めた

     

    タグ
    中国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント