03:55 2017年10月24日
東京+ 15°C
モスクワ+ 1°C
    北朝鮮

    米戦略爆撃機、今世紀で最も北まで北朝鮮沖合を飛行

    © AP Photo/ Wong Maye-E
    アジア
    短縮 URL
    0 147447

    米空軍のB1戦略爆撃機は23日、北朝鮮東部の沖合の国際空域を飛行した。飛行したのは在グアム空軍基地のB1と護衛に当たった在沖縄米軍基地のF15戦闘機。米国防総省が発表した。

    スプートニク日本

    国防総省の報道官によると、飛行は朝鮮半島の沖合を今世紀に入って最も北側までだったと強調した。共同通信が伝えた。

    「北朝鮮のいかなる脅威に対しても、米大統領が多くの軍事的選択肢を持っていることを示すメッセージだ」と報道官は述べた。

    さらに、本人は「われわれは米国と同盟国とを守るために、あらゆる軍事力を行使する用意がある」と訴えた。

    先の報道によると、北朝鮮で23日、マグニチュード3.4の地震が確認された。爆発により起きた可能性がある。

    タグ
    北朝鮮, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント