01:21 2018年06月20日
トランプ大統領は、金正恩氏との会談を行うべきかどうかについて補佐官らに尋ねている

トランプ大統領は、金正恩氏との会談を行うべきかどうかについて補佐官らに尋ねている

© REUTERS / Jonathan Ernst
アジア
短縮 URL
114

トランプ米大統領は、北朝鮮の指導者・金正恩氏と会談するべきかどうかについて行政機関関係者に相談している。ニューヨーク・ポストが消息筋の話として報じた。

スプートニク日本

同紙によると、トランプ大統領は来月シンガポールで行われる予定の米朝首脳会談が政治的な当惑につながることを非常に懸念している。

トランプ大統領の補佐官らは、トランプ大統領が金氏との会談をあまりにも強く望んでいることを明らかにしたと考えている。また最近トランプ大統領が核合意からの米国の離脱を発表したことで状況が悪化し、米朝首脳会談への「期待が高まった」という。

また行政機関職員は、トランプ大統領が北朝鮮の核計画の詳細をどれほど深く知っているかについて懸念しているという。

関連ニュース

北朝鮮2人、韓国で拘束 脱北の意思

タグ
ドナルド・トランプ, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント