02:39 2018年10月23日
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相

韓国外相、ポンペオ長官と電話会談 米朝サミット中止に遺憾表明

© AP Photo / Hau Dinh
アジア
短縮 URL
141

韓国の康 京和(カン・ギョンファ)外相はポンペオ米国務長官と電話会談を実施し、米国が北朝鮮との首脳会談を中止した決定について話し合った。韓国外交部が明らかにした。

スプートニク日本

北朝鮮、豊渓里の核実験場を廃棄
© REUTERS / Satellite image ©2018 DigitalGlobe, a Maxar company
韓国外交部の声明には「ポンペオ氏はこの声明の前提およびこの問題についての米国の立場を詳しく説明した上で、朝鮮民主主義人民共和国との対話の続ける米国の明確かつ変わらぬ姿勢を強調し、北朝鮮との対話維持のための条件作りに米韓がこれからも尽力しつづけるようを提案した」と書かれている。

康外相も米朝首脳会談中止に関して遺憾の意を表し、サミットは成立すれば朝鮮半島の恒久平和樹立に重要な役割を演じたはずだとの見方を示した。

トランプ米大統領は24日、北朝鮮、朝鮮労働党委員長の金正恩氏に対し、北朝鮮側が最近表す「敵意に満ちた」声明から、6月12日、シンガポールで首脳会談を実施することは合目的的ではないと受け止めるという旨を書簡で通知した。これに対し北朝鮮側からは、米国との首脳会談はいかなる時期にいかなるフォーマットでも行う用意があるとする声明が表されている。

タグ
米国, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント