12:36 2018年08月22日
米輸送機が米兵遺骨引き取りに北朝鮮へ出発

米輸送機が米兵遺骨引き取りに北朝鮮へ出発

© Sputnik / Maria Frolova
アジア
短縮 URL
0 20

聯合ニュースが韓国政府の関係者の情報として報じたところによれば、27日の朝、朝鮮戦争で亡くなった米兵の遺骨を返還するための米軍輸送機が、ソウルから朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)へ出発した。

スプートニク日本

韓国政府の関係者は、朝鮮戦争の休戦協定締結から65年となる27日に「戻るものと承知している」と語った。または「北には遺骨送還用の木箱55個が渡っているが、実際に移送される遺骨が何柱になるかは、現時点では分からない」とした。

米国防総省の戦争捕虜・戦闘時行方不明兵集計局(DPAA)関係者らが現地で遺骨に簡単な確認作業を行い、ソウルの米空軍烏山基地に戻ってから、あらためて確認を行う予定という。8月1日ごろ、ハワイへ遺骨を運び、DNA鑑定などを経て米国の家族とのDNA照合作業を行う。

1950~1953年の朝鮮戦争では、約7700人の米兵が行方不明となった。米国防総省によると、北朝鮮側は先に200人の米兵の遺骨が存在することを発表した。

関連ニュース

米朝、米兵の遺骨返還について協議 聯合ニュース

文大統領「南北米にとって戦争の時代は過去に」

米兵の遺骨返還協議日 ポンペオ国務長官が発表

タグ
米朝関係, 韓国, 米国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント